エアコン 取り付け 工賃

引っ越しのまるサポ

エアコンの取り付け工事は、引越の際に最も重宝される工事ですね!引越ってお金もかかってしまいますが、なるべく費用を抑えたいですよね。

 

そんな時に非常に助かるのが【エアコン取り付け王】のサービスです。業界でも最安値に近く、アフターケアも充実しているので一度問い合わせしてみるのが良いでしょう。

 

見積もりは無料ですし、工事の日程もこちらから指定することができます。

 

・費用が安い
・全国対応
・不要になったエアコンの無料回収
・最短翌日工事OK
・追加料金発生時はキャンセル可能

 

工賃 施工技術 安心・信頼度 公式サイト

\8,000〜

★★★☆☆

★★★☆☆

公式サイトへ

 

エアコン取り付けの棟梁

エアコン取り付け業界の中では老舗に入る棟梁.comが2位にランクインしました。20万件以上のエアコン取り付け実績は信頼と人気の証です。

 

わかりやすい料金設定が安心してお願いできる理由ですが、それ以上に追加料金を極力発生させないココロ使いがうれしいです。
当日、いきなり追加料金発生させると言う悪徳業者もいますので、見積もり段階でしっかり金額の確認ができるのは安心です。

 

室外機込みで工事するときや、エアコン移設の時の穴埋め、エアコン新設の時の穴開けなど、大きな工事をする時にもおすすめの業者です。

 

・わかりやすい料金設定
・追加料金極力なし!
・大きな工事でも懇切丁寧
・エアコン販売あり
・20万件以上の実績

 

工賃 施工技術 安心・信頼度 公式サイト

\14,700〜

★★★★☆

★★★☆☆

公式サイトへ

 

エアコンサポートセンター

全国対応のエアコン取り付け業者、引っ越し侍が3位にランクイン。最短で翌日の工事が可能と言う忙しい毎日を送っている人や、休みがなかなか取れない人、急いでエアコン取り付けをしたい人のニーズに答えてくれる優良業者。

 

エアコン取り付け後は一年間の安心保障が付いているため、万が一の時でも対応してもらえます。

 

手際のよい工事や、中古エアコン取り付けが2千円台からとエアコン取り付け業界の常識を大きく変え、利用者の事を考えた嬉しいサービス内容が人気の秘密なんです。安心サポートなら引っ越し侍がお勧めです。

 

・中古エアコン取り付け最安値
・全国対応
・最短翌日工事OK
・真空引きあり
・エアコン取り付け後1年保証

 

工賃 施工技術 安心・信頼度 公式サイト

\8,800〜

★★★★★

★★★★★

公式サイトへ

エアコン取り付け!7つのチェックポイント!

エアコン取り付けの工賃には業者によって大きく差がありますよね。
中でも、悪徳と言われるようなエアコン取り付け業者がいたりもします。

 

真逆にとっても親切でエアコンのプロフェッショナルとして最優良業者もいるんです。

 

エアコン取り付け工賃は業者の決めた金額で支払いになります。
もちろん、基本的な工賃設定はありますが、各業者で工賃設定が異なるのは事実です。

 

 

その他に当日になって追加工賃が発生する場合があります。

 

その追加工賃の発生には業者と依頼者の間の情報交換ができていなかったと言うことが多いんです。

 

そうした追加工賃を取られないためにも、エアコン取り付けの時に注意しておきたいポイントを確認しておきましょう。

 

 

ブレーカーの確認をしましょう

 

一般家庭でエアコンを快適に使ってもらうには30A以上の電気容量が必要となってきます。

 

家の分電盤のアンペアブレーカーの色と数字で確認ができますので、確認しておきましょう。

 

エアコン専用のコンセントの有無

 

まず、エアコンを取り付けるためには、エアコン専用のコンセントが必要となります。
床に近い標準コンセントや、ほかのコンセントに分岐されているものは使用できません。

 

エアコンは電流容量は大きいため、他の機器と併用したり、途中接続すると発熱し、火災の恐れが出てきます。
エアコン専用の根セイントが無い場合は、新規に配線工事が必要となります。

 

エアコン専用の根セイントの形状

 

エアコン専用のコンセントがあっても、形状や電圧が違う場合は、購入したエアコンに合わせたコンセント形状や、電圧変更の配線組み換えが必要となります。

 

エアコン取り付け業者との打ち合わせや見積もり前に確認s似ておきたいチェック項目です。

 

設置場所の確認

 

エアコンには適切な場所への設置が必要です。
風の行かない死角を作らないようにすることがポイントですが、エアコンを置ける場所と置けない場所があります。

 

購入したエアコンの大きさによっては当初の予定の場所に取り付けることができないことがあります。

 

購入前にチェックしたいポイントですね。

 

室内機の設置場所

 

上下左右に5cm以上の余裕がありますか?

・カーテンレール
・クローゼットのドア、ハリ
・窓枠
・出入り口のドア、ハリ

 

これらがつっかえるケースが多くあります。

 

吹き出し口前の障害物確認

エアコンの風が出る吹き出し口や、エアコン取り付け場所の下に物を置くことの無いようにしましょう。

 

特に寝室でのエアコン取り付けは、エアコンの風が直接当たらないような場所に摂り付けましょうね。

 

室外機の設置場所

 

各面5cm以上の余裕はありますか?

 

室内機と違って、室外機は壁にぺったりくっつけることができません。
奥行は10cm以上や前面は30cmの余裕が必要になります。

 

設置場所

 

この室外機が一番、追加料金がかかってしまうところでもあります。

 

通常の室外機の設置場所以外にいくつか室外機を置く方法があります。

 

・屋根置き
・天井吊
・壁付け
・室外機立下げ
・2段おき

 

などなど標準取り付け工事意外は追加料金がかかります。

 

エアコン取り付け配管穴はありますか?

 

エアコンの室内機に溜まる水を排出するホースなどを通すため、壁にエアコン用の穴が開いている必要があります。

 

すでに開いている場合は大丈夫です。

 

特にマンションなど集合住宅は個人の判断で壁に穴があけられないこともありますので、事前のチェックが必要です。

 

穴あけの工事費は別途かかるので、しっかり確認しておきましょう

 

まとめ

 

毎日住んでいる家であっても、引っ越し先の新しい家であっても、エアコン取り付けの時にわかることは多くあります。

 

電気配線や、電圧、室外機設置場所、室内機設置場所など、確認し、エアコン取り付け業者との事前の打ち合わせから見積もりを取ってもらうことで、不要な金額を支払わなくて済みます。

 

そして、スムーズにエアコン取り付け工事が済むようにチェックポイントを確認しておきましょう。

 

トップページへ戻る